5−29.水辺の活動
 
 川や海、水と親しむことで体力向上と健康な体を作ります。
 
【準備物】□ホイッスル□携帯マイク□救命用ブイ□ロープ□エリア用ブイ□時計
      □メンバー表□毛布□水着等
【活動の流れ】
1.説明……泳ぐときの注意や水の危険について説明します。 
 ・ 人数確認、健康チェック。
 ・ エリアを決めて泳ぎます。
 ・ 小人数のグループで。 
 ・ 入水前や後には人員点呼をします。 
 ・ 悪ふざけをしません。  
 ・ 許可なく、水の中に入りません。
 ・ 体調の悪い人はスタッフに言います。
2.準備運動……しっかりとやっておきます。
3.入水
 @ 水に慣れる……水かけや潜水競争等で水に慣れます。
 A 泳いでみる、水遊び……水に体調を慣らし、水への不安を取り除きます。
 B 水泳……泳法について説明し、泳ぐ力をつけます。
 C 休憩……1回の入水時間は10〜15分位で、30分以上は続けません。
       ・ 砂の造形や水辺の生き物の観察をします。
       ・ 人数確認を必ずします。
       ・ 食後90分位は入水しません。
 D 遠泳……泳ぎが十分できるようになってから行います。
       ・ 小学生では、1km・40分位まで。
       ・ 監視体制をしっかりしておきます。
4.水から上がる
 @ 人数確認をします。
 A 整理体操をします。
 B 体や目を真水で洗います。
 C 体をよくふいて、乾いた服を着ます。
 



前のページへホームページへこの章の目次へ次のページへ